FC2ブログ

スポンサーサイト

カテゴリー: スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:-- | トラックバック(-) | コメント(-)

おまえをバーベキュー

カテゴリー: ヒストリー


へっぽこ上司シリーズ①

以前、会社の連中とバーベキューをした時のお話
というか上司のファミリーのバーベキューに無理やり参加させられたのだけどね。貴重な休日をなんでクソったれな上司に潰されなきゃならないのかと断固拒否したんだけどそんな権利はなかった。パワハラですぜこんなの。

仲間内で楽しくやるならいいんですけど、僕はアットホームな雰囲気は苦手なんです。何より日頃から無理難題を押し付けてくる迷惑上司の家族と笑顔で肉焼く光景とか想像できないんですよ。上司を焼いてやりたくなる訳ですよ。あまりに嫌過ぎるもんで、職場の無害そうなおっさんと後輩のデブなどを道連れにしたんですが、すっごい恨めしそうな顔してたなあのデブ。


で、昼頃から始めるのに朝の8時から場所取りさせられた僕。バーベキューが許可されてる人気の大きな公園で特に水場の近くの場所取りは競争率が高いうんぬんで・・もう僕が誘われた理由の9割がこの場所取り要因だったていうね。残り1割が炭に火をつける係。聞いた話によると以前、上司家族だけでバーベキューしたときに炭に火がつかなくてこのへっぽこ上司がムキになって頑張った挙句、終始弱火で微妙なことになったらしい。って娘さんが言ってた。
いやいや、こんなのやったことなくても適当で出来るでしょ。要は熱がこもりやすい感じに炭を配置してやれば火がつくんだから。ガソリンぶっかけようとした話を素でするのはやめていただきたい。家族のレジャー=バーベキューって平凡な思考の持ち主だから仕方ないんですけどね。

しかしさあ始めよう!って時にサンマを取り出したのは平凡じゃなかった。
サンマは確かにうまいよ、それは間違いない。青空の下、緑に囲まれた公園の中でもうもうと巻き起こるサンマの煙。すっごいいっぱい人居るからね、風下にもワサーって人居るからね。サンマ臭被害者の会ができるくらい居るから。
「やっぱりサンマはおいしいねー」などと談笑始める奥さんと娘さんもやっぱイカれてる。なんだこの家族、今日はおいしいサンマを食わせて頂いてありがとーあはははーとでも言わせたいのか?

こうして一人2匹のノルマでサンマを食うところから始まったバーベキューでしたが、僕なんか余った1匹を追加されて3匹ノルマになったもんな。こんな時のためにデブを連れてきたんですが、デブにも種類というのがあるらしくて、四六時中何かを食ってるデブも居れば、この時連れてきたデブみたいに偏食だらけで主にスナック菓子の馬鹿食いでデブるタイプもいるようです。「ボク、魚は苦手っす」とか空気読めない発言で僕のノルマが4匹になったし。

一緒に連れてきた害のないおっさんに1匹頼もうと思ったんだけど何か様子がおかしい。「こんなサンマばっか食えるかボケェ!」とか空気読めない暴言吐いてるし目が据わってる。普段は害のないおっさんなんだけど、酒呑むと害しかないおっさんになってしまうのをこの時初めて知ったんです。このおっさん、タチが悪いことに酒が好きだけど弱くてすぐ暴言おじさんに変身するらしい。どうりで飲み会とか誰も誘わない訳だ。

バーベキューの場で持参してきたお菓子食ってるデブと酔って悪態ついてるおっさんのコンビと上司ファミリーに板ばさみされるsakoさん。非常に空気が悪いです、おまけに風下にサンマ臭を浴びせてるという非常識な事態に申し訳なくてハラハラしちゃってるし。この日の写真が1枚だけPCに残ってましたが、それほど昔の話でもないのでリアルバレしないよう公開は見送ります。

肉が登場した頃にはサンマとビールでお腹パンパンでしたよ。空気悪くて呑むしかなかったもんな、サンマむさぼりながら。何の罰ゲームだろこれ。上司がなにやら昔の胡散臭い武勇伝的なこと話し始めると「んな訳ねぇだろ」とか暴言おじさんが小声で言う訳ですよ。それを上司ファミリーに聞こえないように必死にごまかす僕。デブはサンマや野菜には触れなかったのに肉には飛びついてた。チャーシューにしてやろうかと思った。役に立たないデブはただの豚。逃げ出したいけどそうもいかず愛想笑いで耐え抜きましたよ。これで終わるならまだよかったんですけどね。

飲み食いが終わった後、上司がボールだのグローブだのバドミントンセットだの用意しだしたんですよ。で、酔いどれ暴言おじさんが昔は野球少年だっただのなんだのほざいてデブを釣れてキャッチボールを始めた訳で、僕は上司ファミリーと仲良くバドミントンするハメに陥ったわけです。何が楽しいんだこの状況。上司としては家族とついでに僕ら手下達が楽しんでくれれば満足だっていう風体で居たいのでしょうけど、嫌がらせにしか思えないんですよね。

で、ヘドが出るような愛想笑い浮かべながらバドミントンしてたんですけど、なんかガスンッ!ガコンガコン!って派手な音が聞こえてきたんですよ。もう嫌な予感しかしない。振り返るとですね、酔いどれ暴言おじさんの大暴投が他人様のバーベキューのコンロに直撃してひっくり返しちゃったテヘペロって状況になってました。誰だこのおっさん連れてきた奴は!

運動で酔いが回ってウヒャヒャヒャヒャ!とか笑ってるおっさんは下がらせて、なんでか僕が平謝りに行くハメに。部下の不始末は上司が責任取るべきじゃないかと思うんですけどね。「○○さん呑み過ぎだよー」とかおっさんに構って行こうとしないんだもんなこのクソ上司。被害に合った他人様御一行は優しい人達だったんで「もう終わりにするところでしたから、大丈夫ですよー」っと言ってくれたのが救いだった。相手がDQNだったりしたら僕の休日は地獄でしかなかったわ。とりあえずひっくり返ったコンロとかの片付けして謝って戻ってきたんですが、もう帰りたいのに「ちょっと休憩しよう」などとほざきだした上司。まだ宴は続くのか・・。

上司の娘さんは15歳の中学生なんだけど、僕はこの時30歳の誕生日だった。忘れてたけどそうだった、誕生日になんて目にあってんだsakoさん・・。中学生の子の倍の歳とか自分もおっさんになったなーとか思ったもんです。

娘さん「じゃあ私が30になったらsakoさん60才だねー」
sako「おおお、やっべー60才とかおじいちゃんだわ!」

とかな会話があった
うん、この子もアホだけど僕もやばいね、素で納得してた。なんだ?僕は人の2倍速で歳をとっていくのか?

そうこうしてるうちになんか焦げた臭いがしたんです。コンロの火の不始末があったかなと覗いてみたけど異常はない。んん?っと振り返ると・・さっき暴言おじさんの暴投で他人様のコンロ倒した辺りが燃えてるの。木の側のちょっとした草むらに火がついてる!!迷惑かけた他人様御一行はもう帰ったようで居なかったけど、周りの人がザワザワしてた。慌ててビニール袋に水入れて掛けたりしたけどなかなか消えない。さすがに上司もこれはマズいと思ったのか帽子に水入れて走ってくるんだけど、帽子のメッシュから水が流れ落ちてほとんど意味がない。ほんとへっぽこ上司で困る。良いどれおじさんはケラケラ笑ってるし、デブは奥さん娘さんとアタフタしてる。駄目だこいつらどうにもならない。

結局タオルを水に濡らしてバシバシしたり踏みつけたりで沈下したんだけど、たたみ半畳分くらいの焦げ跡になったという。初秋だからまだ良かったけど冬の枯れ葉とかだったら大事件なってましたよ。

僕たちは何ごともなかったように無表情で片付けをしてその場を後にしました。その翌年からこの公園ではバーベキューが禁止となってしまったが、その原因が僕たちではないことを心から願っている。
やめて、そんな目で僕を見ないで下さい。

ちなみに出火の原因ですが。
他人様の倒れたコンロを片付けた時、僕は手早く済ませようとパパッと散らばった炭だの食材だの集めたんですけど、草むらの方に転がった炭を1個見逃してたようです。芝生から草むらにかけてじっくりと火が付いてったんでしょうね。まあ犯人はsakoってことです。

こんなダメなメンバーの中で一番ダメな奴は実は自分だったという
やめて、そんな目で僕を見ないで下さい。

帰りの車の中で僕は言ってやりましたよ
今日はおいしいサンマを食わせて頂いてありがとーあはははー

バーベキュー


スポンサーサイト
2015/05/01(金) 05:43 | トラックバック(-) | comment(0)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。